色が変わっちゃう?!印刷業者に印刷を発注する時の注意点

パソコンのモニタに写る画像と印刷物の違い

パソコンはどんどん操作が簡単になり、一昔前なら職人の仕事だった印刷用の原稿データを誰でも簡単に作れるようになりました。しかし、知らないと予想外の仕上がりになってしまうのが「色」に関する知識です。そこで、知っておくと便利な色の知識をご紹介します。まずは、パソコンの画面に表示するための画像形式と、印刷用の形式は異なります。画面は光の3原色による加法混色「RGB形式」で、印刷は色の3原色による減法混色「CMYK形式」です。印刷の場合、3原色のインクを混ぜても現実にはきれいな黒にはならないので、3原色に黒インクを加えて4色刷りを行い、フルカラーを再現します。


鮮やかな色は印刷が難しい?!

さて、このRGB形式とCMYK形式ですが、表現できる色の範囲が異なります。RGB形式の方が表現できる範囲が広いのです。そのため、RGB形式の画像をフルカラー印刷すると、再現できずにくすんでしまうことがあります。彩度の高い色=鮮やかな色は、再現が難しい色なんです。写真画像などは通常RGB形式で保存されるので注意が必要です。印刷原稿を作成するための画像処理ソフトを使えば、RGB形式の画像をCMYK形式に変換することが可能ですが、自動的に変換すると、大幅に色が変わることがあります。手動で変換するには知識と技術が必要です。イラストや文字に使う色は、CMYK形式で再現できる色から選ぶと変色を防ぐことができますよ。


通常の4色フルカラーで出ない色を再現する方法

では、料金が別途かかったとしても、彩度の高い発色を再現したい場合、どうしたら良いでしょうか。実は、そういう用途に向けた特別な印刷方法やインクがあります。RGB形式の画像を印刷するため、通常のCMYK印刷用インクよりも鮮やかなインクが存在します。他、特に再現したい色(例えば彩度の高いピンク色や、緑色など)がある場合、通常の4色印刷に加えて特色インクを使って刷る方法があります。いずれの場合も、使うインクに合わせた原稿を作成する必要があるため、事前にしっかりとに確認しておきましょう。



封筒印刷の注文をしたいなら、複数の業者を比較することが大切です。まずは納期や料金の見積もりを依頼しましょう。