これからは工場の時代じゃない!倉庫で働く3つのメリット

IT化が進む倉庫の未来

昔から物作りの国として有名でしたが今は国として成熟しました。製造業から付加価値の高いサービス業に人を移せるかが鍵を握ります。ただ、製造業は爆発的に雇用を生み出すので魅力的です。しかし競争が激しくなり利益率も下がっているのが現状…。これを打開したのが倉庫ビジネスです。IT化が進み多様な情報インフラを必要とする現在、企業が古い倉庫を買い取ってアプリケーションやソフトウェアを作るという新たなビジネスが生まれています。最低限の設備投資で収益性を上げているのでしょう。体力に自信のない方でも働ける環境が整いつつありますので、目を向けてみるのもいいかも知れませんね。


人手不足がメリットになる

新聞、テレビで盛んに人手不足で大変だ!という事を耳にします。ただ、これは業種によって人手が余っている産業もあれば、人手不足の産業もあります。特に倉庫は人手が不足して大変な状態です。では何故そんな人手不足の業種にメリットがあるのでしょうか。それは給与が上がりやすくなるからです。考えてみるとそうですよね!仕事が沢山あるのに人手不足で受けられない事があったら目も当てられません。会社は給与を上げて人を確保しようとしますので必然的に上がりやすくなるわけです。もちろん能力次第なので個人差はあります。


人間関係に疲れたら倉庫で自由気ままに働こう

一般的に倉庫は駅の近くに作られている事が少ないです。海の近くや工場地帯に建てられて事がほとんどでしょう。これだけ聞くと不便そうに感じますが、実は隠されたメリットがあるのです。倉庫で働く社員は車通勤の方が多く、仕事が終わると直帰が多いんです。通勤が車なので仕事終わりにお酒を飲むなんて事も滅多にありません。よって人間関係に疲れた人は倉庫で黙々と仕事をするのも良いかも知れませんね。コミュニケーションに自信の無い方はオススメの職業でしょう。



3PLは物流の流れを客観的に管理するシステムです。荷主や運搬業者ではなく、第三者が客観的に管理することで物流の流れを最適化します。