太陽光発電を導入してよかったと思える時。

導入前より電気代が安くなる。

太陽光発電を自宅に導入しようという時、業者選びに迷ったり費用がかかったりといろいろ大変であるとは思いますが、導入した際のメリットは多くあります。まず、何よりも太陽光発電を導入する前と比較して、電気代がかなりやすくなることが多いです。お天気の日はもちろん、雨天時でも日中は多少なりとも発電できます。日中に消費電力が大きい炊飯器を使用したり、洗濯したりするなどすれば、なおさら電気代が安くなると思われます。


電力を売って稼ぐことができる。

太陽光発電を利用することで、自宅の電力をまかなうことはもちろんできますが、発電ができる時間帯において使用しない余った電力は電力会社に売ることができます。電力の売買は地元の電力会社と契約することで可能になります。売電を行うと、季節によってその額は変わりますが、特に夏季などは日が長く、条件によってはかなりの収入を見込めることもあります。太陽光発電の装置を設置するだけで、楽にお金を稼ぐことができるのです。


停電などの非常時でも電気の使用が可能になる。

地震や台風などの災害が発生した時には、設備の故障などで電気の供給がストップすることがあります。しかし、自宅に太陽光発電を導入しているならば、損傷さえなければそれを利用して電力を自宅に供給することができるので、問題なく自宅で電気を使用することが可能です。また、太陽光発電の装置と同時に蓄電池を自宅に設置しておけば、夜間でも非常時は蓄電池にある電気を使用することが可能です。このように、太陽光発電を自宅に導入してよかったと思える時は多々あると思われます。



太陽光発電の価格は工事費とソラーパネルの料金の総額で、屋根の補強常時や取付費用の負担も大きな割合を占めます。