倉庫作業ではレイアウトを工夫して整理を心掛けよう

工夫した整理をすれば作業効率が上がる

事務所や部屋を整理するにはいろいろな工夫が必要です。本を整理するには本棚が必要ですし、ガラクタを取って置きたいのなら収納ケースが要るでしょう。洋服ならタンス、テレビにだってテレビ台やローボードなどがなければ置くことも出来ません。荷物を管理するには何かしらの工夫が必要なのです。物流倉庫というものをイメージするなら、家庭においての整理整頓を考えてみると良いでしょう。倉庫という場所では整理が命、整然とした倉庫では作業が効率良く進むのです。


ネスティングはリフトマンが行う

ネステナーというコの字状のラックは倉庫内のフロアや柱に合わせて自由にネスティングすることが出来ます。倉庫の形などに合わせてラックを並べられれば、スペースを省いたり積めたりして、無駄をなくして最大限に保管スペースを作り出すことが出来るのです。ネスティングはフォークリフトで行いますが、いざ並べてみると予測しなかった不具合も生じるでしょう。こうした時には長年の経験やひらめきで対応するしかありません。倉庫においてはリフトマンの知恵や工夫も活かされているのです。


倉庫内では事故に気を付けよう

倉庫の中を縦横無尽に走り回るフォークリフトですが、走行中の事故や作業中の事故には十分な注意が必要です。ヒヤリハット的な自己チェックシートを日々記録して、年間無事故達成を目標にすると良いでしょう。倉庫作業と言っても伝票管理、一般作業、入庫、出庫、入荷検品、出荷検品など多くの部署があり、各部署での目標をはっきり提示して、目標に対して努力することで達成感というものが得られるでしょう。倉庫作業とはみんなで力を合わせて運営していくものなのです。



倉庫は物を収納と保存する建造物です。冷凍のものを保管できたり色々なものがあります。自分が使う物によって使えるのも魅力があります。