知っていれば安心!トイレ詰まりの原因3選

異物が詰まってしまった

トイレ詰まりの原因の多くが、異物が詰まってしまうことです。特に多いのが、トイレットペーパーの流し過ぎやティシュを流してしまった事による紙の詰りです。ティッシュはトイレットペーパーよりも水に溶けにくくできているため、詰りの原因になってしまいます。トイレに流せる、と銘打っている猫砂等もトイレットペーパーよりは流れにくいため、流す量によっては詰まってしまうこともあるため注意が必要です。また、冷水が流れるトイレの配管の中では油分が固まってしまうため、食べ残しや生ごみもトイレに流すことは避けるべきです。


トイレが詰まってしまう前の対応不足

トイレ詰まりには急に詰まってしまう場合以外にも、少しずつ少しずつ詰まってしまう場合もあります。一度流してしまった異物等に、後から流したものや汚れ等が引っかかってしまっている等の原因が考えられます。このような場合には、便器の中の水位が普段よりも高い、低い、という前兆が起こる場合が多いです。詰りの前兆を発見したら、ラバーカップや真空パイプクリーナーを使って原因となっているものを取り除いてしまいましょう。


水の使用量を間違えてしまった

トイレでは、用途や性能に合わせて流す水の量があらかじめ設定されています。この量を変えてしまうと、十分に水が流れずに詰まってしまうことがあります。節水法として知られている、タンクの中にペットボトルを沈めることや、タンクの排水弁に着けて流れる水を少なくする節水グッズが具体例として挙げられます。また、水洗レバーで、大で流すべきところを、小で流してしまうことも水の量が少なくなるので詰りの原因になることがあります。



水道工事とは、公道の水道管から家庭の蛇口までの給水管の工事ののことを指し、生活排水や雨水用の水道管を工事する下水工事とは区別されます。